News & Topics

スタッフブログ

2021/10/19

筋肉痛について詳しく説明!!

日常

皆さんこんにちは。トレーナーの金子です!

今回は筋肉痛について詳しく書きました。是非最後まで読んでみて下さい!

1.筋肉痛はどうしたら起こる?

筋肉痛とは激しい運動によって生じる筋肉の痛みです。今まで筋肉痛は筋肉に乳酸が溜まり筋肉痛を引き起こすと言われてきました。

しかし現在では、運動による筋線維の損傷を修復する際に痛みが生じることが筋肉痛と言われています。

筋力トレーニングやスポーツなどで普段使ってない筋肉を使ったりすると、筋肉(筋線維)に傷が出来ますその傷を修復する過程で炎症が起きて筋肉痛がおこります。症状が重い場合だと日常に少し支障がでますが、症状が軽い場合だと数日で治ります。

筋肉痛に効く温泉の泉質とは? | みんなの温泉めぐり

2・筋肉痛の種類

筋肉痛と言っても大きく二つに分かれています。それぞれ紹介します。

1つ目が即発性筋肉痛です。

運動した直後や早ければ運動している最中に起こる筋肉痛です。

激しい運動をして筋肉に強い負荷がかかり過度の緊張状態が続くと、血のめぐりが悪くなる為筋肉痛が起こります。

2つ目が遅発性筋痛です。

運動をして数時間から数日後に生じる筋肉痛です。皆さんも一度は経験したことのある筋肉痛とはこのことです。いわゆる一般的な筋肉痛です!トレーニングをしたり瞬発的な動きをすることでなりやすいです。

筋肉痛を早く治す食べ物は「プロテイン」!?効果的な摂取方法とは?【ボクシングフィットネスジムノア】BOXING FITNESS GYM NOA

 

3・筋肉疲労のメカニズム

長時間出先などで長時間歩いたりしていると、脚にだるさや疲れを感じて段々足が上がらなくなってきますよね?

運動中のこのような変化は筋肉疲労が起こることが原因です。筋肉痛を起こす原因の一つでもあります。

この時体には、筋肉の柔軟性が低下して可動域が狭まるという変化が起こっています。それがパフォーマンスの低下に繋がります。

結局筋肉を動かすにはエネルギーが必要になります。身体にエネルギーがない状態で運動をしていると疲労物質が溜まってしまいます。

反対に身体を動かさない事でいると、血行が悪くなり筋肉が緊張しっぱなしになって疲れが溜まります。長時間座りっぱなしの仕事なんかは筋肉が緊張してしまうので適度な運動が必要になります。

では、その筋肉痛や疲労を予防するためにはどうしたらいいのか?

やはりバランスの良い食事を心がける事が大切です。あとは血流を良くするのもおすすめです 血流が良くなることで筋肉も温まりますので、ストレッチやお風呂などがいいでしょう。

 

以上が筋肉痛についてでした!参考にしてみて下さい!

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら