News & Topics

スタッフブログ

2021/08/30

今さら聞けない。ブロッコリーがなぜ愛されるのか?

栄養アドバイス

こんにちは。トレーナー本川です。

さてタイトルの「ブロッコリー」

トレーニングをする人にとってお馴染みとも言える食材です。アームのトレーナーも毎日食べている身体にとってなくてはならない緑黄色野菜です。

しかし、ブロッコリーがなぜここまで愛されるのかを考えたことはないはず。

ということで、今回はブロッコリーについて書きます!

トレーニングをして身体を作りたい方に限らず、健康を考えると誰にでも必要ですよ~。

 

1.ブロッコリーの栄養とは?

ブロッコリーの大きな特徴としてはビタミンCが多く含まれている点です。

ビタミンCの代表格として知られるレモンよりも多いというのは有名です。

ビタミンCは抗酸化物質としても注目され、皮膚の老化防止、身体の免疫力の維持に役立ちます。若々しく、健康体を維持するために必要な栄養素と言えます。

 

またブロッコリーに多く含まれる栄養素として注目を集めているのがスルフォラファンです。

スルフォラファンに期待される効果としてがん予防があげられます。スルフォラファンは抗酸化作用と解毒作用を持っているためです。

 

その他、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、ベータカロテン、ビタミンEなど豊富な栄養素が詰まっています。

またたんぱく質が野菜のなかでもトップクラスで含まれています。

筋肉の合成を促しつつも、美肌や免疫力向上など様々な顔を持ち合わせたブロッコリー。こうやって栄養だけ見てもどんな方にも必要な野菜と言えますね!

 

2.オススメの摂り方

①肉、魚と一緒に食べる

ブロッコリーとタンパク質との相性は良いので、積極的に付け合わせで使ってみて下さい。

写真のようにステーキとブロッコリーの組み合わせなんかはオススメです!

タンパク質の合成を促してくれますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

②一人暮らしや、面倒くさがりな方には?

スーパーで普通にブロッコリーを買うと、まず沸騰したお湯に少々の塩をふって茹でてから食べるといった作業が当たり前だと思います。

しかしそれも面倒くさい。栄養不足にはなりたくない(このご時世特に免疫落としたくないですよね)という方は、スーパー、コンビニで売られている冷凍野菜を活用してみてはいかがでしょうか?

こちらの方がレンジでチンするだけで簡単に食べられます。

トレーナー本川は常に冷凍ブロッコリーがなくならないようにストックしている位です(笑)

ぜひ、毎日の食卓に一品、ブロッコリーを添えてみてはいかがでしょうか?

食卓に緑を添えて彩りを加えてみましょう!

 

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら