News & Topics

スタッフブログ

2021/07/05

空腹で行うトレーニングのデメリット

日常

【空腹時にトレーニングを行うデメリット】

①筋分解が促進されてしまう。

運動時エネルギーとなるのは主に炭水化物です。

お腹が空いている状態で行うとエネルギーとなる炭水化物が無く代わりに筋肉を分解してエネルギーを作り出します。

なので、せっかく鍛え上がった筋肉たちが分解されてしまうのでお勧めしません。

②集中力、パワーが持続しない。

集中力やパワーの源となる糖分(炭水化物)が不足しているとパフォーマンスの低下集中力が続かない為、良いトレーニングとは言えない状態になります。

 

⭐︎トレーニング前に空腹で時間のない場合のオススメ品

プロテインドリンクプロテインドリンクを飲むことでアミノ酸が補給されある程度の筋分解は抑制されます。

ウイダー(エネルギー)手軽に炭水化物が取れるの上飲みやすく消化しやすいので、素早くエネルギーに変わります。

ポカリスウェットトレーニング中に集中力やパワーを切らす事なく糖質を摂りたい場合はスポーツドリンクを飲むと良いです。適度な糖質が取れるので糖質不足も緩和できます。

最後に

上記の点を踏まえて空腹時のトレーニングはオススメしません。

なぜなら、筋分解の促進やパフォーマンスの低下など起こるからです。

なので、なるべくトレーニングの時は空腹を避けましょう!

これからもトレーニング頑張りましょう!

加圧パーソナルトレーナー永倉

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら