News & Topics

スタッフブログ

2021/05/17

天然の抗生物質にんにくとは? 

栄養アドバイス

こんにちは。トレーナー本川です!

一年中スーパーで見かけるにんにくですが、実は今が旬の食材なのです。

特ににんにくの一大産地として有名な青森県田子町は、時期になると街中がにんにくの香りにつつまれるとも言われます。

古来から風邪の予防、免疫力アップに効果的と言われているにんにく。その効果までは深く掘り下げたことがないはず。ということで今回はにんにくの栄養をご紹介!

まずはにんにくで得られる効果として以下の事があげられます。

疲労回復、体力増強

疲労回復の秘密はにんにくの臭いのもと「アリシン」にあります。アリシンとにんにく内に含まれるビタミンB1と結びつく事で、疲労回復に効果があると言われてます。

 

風邪予防、殺菌効果

にんにくの殺菌作用は古来から知られており、古くから感染症との戦いにも使われたと言われているほどです。

様々な菌に効果があると言われ、風邪の予防にも効果的です。

 

そのほか、がん予防、血行促進、コレステロール値低下にも有効と言われ、かつてはかぜ薬に使われたほどの野菜がにんにくなのです。

 

そして上手な食べ方は、

1日2〜3粒を目安に食べる

食べすぎは胃を荒らす原因になるので、栄養があるからといってほどほどに。

ブロッコリーなどと一緒に食べる

がん予防の効果を上げる食べ方としてオススメです。また他の野菜と食べ合わせることで、胃を守ることもできますね。

豚肉、カツオと食べる

ビタミンB1と結びつくことで、上にあげた疲労回復、体力増強効果があります。

特に豚肉は肉類のなかでもビタミンB1が豊富。これがアリシンと結びつくことで、疲労回復を促進してくれます。

また魚であればカツオがオススメ。この時期は初ガツオが獲れて旬の時期。カツオのタタキと共に食べてみてはいかがでしょうか?

 

これから夏になるにつれて体力も必要になる季節ですので、食卓ににんにくを意識してみましょう!

夏バテが気になる方は今から準備ですよ〜!

※ただし人と接する仕事の方や、デートの前は控えめに。あくまでもスケジュールを確認して、良いタイミングで食べてくださいね。

 

 

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら