News & Topics

スタッフブログ

2022/08/12

この時期お悩みの夏バテ解消法

アドバイス

みなさんこんにちは。加圧トレーナーの金子です!

 

だるい、食欲がない、眠れない……。夏はそんな時がありますよね?

そこで今回は夏バテについて書きます。

1.夏バテとは

夏バテは、気温や湿度の変化に対して体がうまく順応できず、バランスのいい状態が保てないために起こります。

暑さで体力が消耗する上、冷房がきいた屋内との温度差のギャップもあります。さらに、春から夏にかけての気温の急激な変化も要因になります。最近は、暑さに対して体の準備ができていないうちに猛暑がやってくることも増えました。

加えてリモートワークの拡大など社会環境の変化で、これまで通勤や通学で歩くなどして運動習慣をキープしていたけれど、運動の機会が減ってしまったという人も多いのではないでしょうか。

汗をかいて環境の変化に備える、徐々に気温が高くなっていくという、これまで自然にできていたことや、気づかないうちにしているはずの準備ができないという事で、夏バテに悩む人が増えているのかもしれません。

屋外の気温や湿度を下げることはできませんが、ちょっとした生活習慣の見直しで、夏バテのリスクを減らすことは可能です!

熱中症_男の子01_02_線なし 熱中症,男の子,暑いのイラスト素材

2. 栄養のあるものを食べましょう

食べやすいからと、そうめんだけ、おにぎりだけ、菓子パンだけという食生活になると、ビタミン類を摂りにくくなります。たんぱく質やビタミン類、汗で排出されやすくなるミネラルをバランスよく摂れる食品を選びましょう。

しかし、肉類をしっかり摂ろうとしても、夏バテしてしまった人には難しいと思います。特定の食品を摂ることではなく、果物や野菜、たんぱく質なら例えば冷ややっこや枝豆を加えるなど、栄養のある食品を摂ることを意識してみてください。もしわからない方は、トレーナー金子に聞いてもらえるとおすすめの食材をお伝えします。

夏バテ防止 | ケアーズ訪問看護リハビリステーション広島佐伯

 

3. 水分をしっかり摂る

熱中症対策としても水分を摂ることは大切ですが、水分を適切に摂らず体内の水分が減ると、血流が悪くなり末梢まで血液が回らず体が冷えてしまいます。手足が冷たくなったり、口の中が乾いて唾液が出にくくなったりした場合は脱水状態の可能性がありますので、適度な水分補給を心がけましょう

ただし暑いからといって、冷たいジュースや炭酸飲料などを飲みすぎると、胃腸を刺激して負担がかかりますので、水やお茶類、コーヒーなど、常温や温かい飲み物も取り入れましょう。

熱中症と水分補給//みつた整骨院

 

4.最後に

以上が夏バテ対策になります。

今年の夏は例年に比べ特に猛暑が続くと予想されています。

トレーニングをされている人だと栄養が必要になります。思うので注意して下さい。

夏バテになっている方や対策をしたい方は是非参考にして下さい!

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら