News & Topics

スタッフブログ

2022/06/16

ヘンププロテインとは?特徴と栄養価について。

栄養アドバイス

みなさんこんにちは!

加圧トレーナーの永倉です。

本日は海外で話題となっている【ヘンププロテイン】について解説していきます☺

 

ヘンププロテインとは?

原材料は麻科のヘンプという植物になります。

そのヘンプの硬い殻の中にある実をヘンプシードと呼び、ナッツのような味がし栄養価が非常に高くそれを使用したプロテインになります。

また、ヘンプは食品以外にもロープや断熱材、紙などの産業製品などにも使われます。

ヘンプの栄養価

・たんぱく質が豊富

ヒトのカラダの約20%近くをたんぱく質を材料に日々健康を維持しています。

たとえば、筋肉はもちろん髪の毛や爪、免疫物質、ホルモンの分泌など挙げたらきりがないほどです。

ヘンププロテインはホエイプロテインよりも吸収が緩やかですが、ソイプロテインより早くアレルゲン物質が少ないところも特徴です。

・ミネラルがたっぷり

現代人に不足しがちな、鉄・銅・亜鉛・マグネシウムが多く含まれてます。

・オメガ3、オメガ6

必須脂肪酸と呼ばれる体内の細胞の細胞膜などを生成してくれる栄養素を多く含んでいます。

・食物繊維が豊富

食物繊維には、便秘の予防や血糖値の上昇を防いでくれたり血中のコレステロールの低下などの働きがあります。

 

ホエイ・ソイ・ヘンプそれぞれの差とは?

・ホエイプロテイン

原料は牛乳になります。

吸収・消化のスピードが速く必須アミノ酸のバランスが良いのが特徴です。

ですが、乳製品でお腹を壊しやすい方には不向きなところがデメリットになりますが製法によってはそうでない種類も有り、運動後に飲むのがオススメです。

・ソイプロテイン

原料は大豆になります。

吸収・消化は緩やかで腹持ちがいいのでダイエット向きなのが特徴です。

ホエイプロテインに比べると必須アミノ酸は少ないですが、お食事と総合して摂取する事で補えます。間食の代わりにおすすめです!

・ヘンププロテイン

減量は麻のヘンプという種類になります。

食品以外にも産業製品の材料となったりサステナビリティにも注目を置かれています。

吸収・消化は先ほど述べたホエイプロテインよりも緩やかでソイプロテインより早いです。

ホエイ・ソイと大きく違うところは必須脂肪酸と食物繊維にあります。食物繊維は便秘の改善に役立ちその結果腸内環境も改善してくれます。

偏ったお食事や間食にオススメなのがヘンププロテインになります。

 

オススメしたい方

日常の中で間食が多く置き換えをしたい方や食物繊維を普段摂らない方、女性にもオススメです。

そのわけは、吸収がホエイプロテインよりも緩やかでソイプロテインよりも早く腹持ちがいい事と日本人に不足しやすいミネラルや必須脂肪酸が含まれている点です。

これらをお食事から摂取するのは大変なので手軽にとれるヘンププロテインをおすすめします!

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら