News & Topics

スタッフブログ

2022/08/29

体幹種目の王道「プランク」を極めよう

トレーニング

こんにちは。トレーナー本川です。

さてタイトルの「プランク」。よく聞くトレーニング種目で、アームのトレーニングでも実践されている種目です。

シンプルですが実は奥深い種目、特にスタジオアームでは他のパーソナルジムに比べて姿勢に対しては細かくチェックしていますので、アームのトレーナー陣の目は厳しくジャッジさせて頂いております。

そして今回はこのプランクについて詳しくお伝えします。

 

1,プランクとは?

まずプランクで使われる筋肉は、主にお腹周りの筋肉、一般的にインナーマッスルと呼ばれる身体の内側に存在する筋肉がメインで使われます。また肘をついて行う為、肩甲骨周辺の筋肉も働きます。プランクを行うことで得られる効果は、

・ポッコリお腹解消
・姿勢安定
・肩こり改善

など正しく行うと様々な効果が得られます。

そしてボディメイク、ダイエットを行いたい目的の方にも有効な種目のひとつとも言えます。

 

2,それでは実践

効果や使う筋肉を知ったところで、知るだけ、ブログを読むだけではもったいないですよね?

ということであとは実践あるのみです。ぜひブログを読みながらプランクができる環境(地べたにすわれるような環境)の方は、ここから一度やってみましょう!

まずはベースのフォームから

1,肩の真下に肘を置く。脚は腰幅(握りこぶし1個分くらいのスペース)を作ります。

2,その状態から身体を持ち上げます。背骨はなるべく伸ばしながらお尻は少し出します。そして姿勢を保つのみ!そして姿勢を保っている間は息を吐くとともにお腹を薄くします(これ大事!)

 

またやるとお腹が震えてくるという方がいると思います。これはプランクの姿勢に対してまだお腹の筋肉が慣れていないというサインです。やり慣れることで徐々に緩和していきます。

 

誤ったフォーム

・腰が反ってしまう。逆に腰が丸まってしまう。

・胸の位置が落ちる。また頭が落ちる。

・重心が後ろに引けてくる。

 

といった崩れが出てしまうと正しいプランクの効果を得られるどころか逆に身体を痛める原因になりますよ。

 

それでもよくわからないという方は、アームでトレーニングしましょう!これに尽きます。

正しいフォームで効かせる一番の手段と言えますので、もしプランクの他、加圧トレーニングが気になる、姿勢を整えたいなどありましたら、アームでお待ちしています。

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら