News & Topics

スタッフブログ

2020/10/23

秋の味覚「りんご」は朝にオススメ

栄養アドバイス

こんにちは。パーソナルトレーナー本川です。

来月から開催される「体脂肪減少イベント」に向けて、今回は朝にオススメのフルーツ「りんご」についてご紹介!

 

 

一年中売られているりんごですが、りんごの収穫期は「秋」なんです!

旬のもののほうが栄養価が普段の1.5~2倍増すと言われているので、なるべく旬のものを味わって、効率よく栄養を摂りましょう。

そして今回は今が一番おいしいりんごです。「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言われるくらい栄養が詰まっているりんご。その秘密をご紹介!

 

りんごの栄養とは?

 

りんごは主に

①カリウム

体内から塩分を排出してくれるので、むくみが気になる方や、外食が多く塩分摂取量の多い方にオススメです。

特に普段なじみのある和食の難点として塩分を多く摂り過ぎる傾向にあります。特に外食が多い方は塩分が多くなりがちでしょう。りんごをうまく活用して、摂り過ぎた塩分を排出していきましょう。

 

②食物繊維

腸の働きをよくしてくれます。また消化吸収を助けてくれるので、便秘気味の方や、胃腸の弱い方にも有効です。コレステロールが気になるかたや血糖値の上昇を抑えたい方に有効。

血糖値の上昇を抑えるとなるとダイエットにおいても強い味方。特に摂る事をオススメします!また加圧の前になんかもあわせていいでしょうね。

 

③ビタミンC

抗酸化作用があり、風邪やウイルスの予防にも繋がります。

ビタミンCは水溶性ビタミンであり、常に身体に摂りこむ必要があります。りんごに限らず、毎食一品はビタミンCを含む食品を摂り入れてみてください。

 

④ポリフェノール

 

様々な成分で構成されている抗酸化物質で、内臓脂肪を減らす効果や、身体を錆びさせる活性酸素を除去してくれます。特に皮に多く含まれます。

アンチエイジングに効果的と言えるでしょう。

⑤クエン酸、リンゴ酸

疲労回復に効果があります。疲労が溜まった翌日の朝にりんごなんかオススメですね。

 

といったようにりんごには様々な栄養が含まれています。

 

りんごの品種

ここからは栄養の話から少し離れて、品種をご紹介。

特徴から好きな品種を探してみてください。

 

ふじ、つがる

最もポピュラーな品種。

スーパーで見かけるものはほぼふじ、またはつがるなんかではないでしょうか?

程よく酸味があり、歯ごたえがよく果汁が豊富という特徴を持ちます。

ちなみに豆知識でふじの名前の由来は「富士山」ではありません。

どうしても答えを知りたい方は、直接トレーナー本川に聞いてみてください。

 

王林

この品種はアイドルグループRINGO MUSUMEの王林ちゃんの登場で、メディアによって一般にも広く知られている品種ではないかと思います。

一般的に「青りんご」と呼ばれるりんごの代表格が王林です。

味はふじよりもさっぱりしており、ふじやつがるよりも酸味は抑えられています。甘さは強く独特の風味を持っているのも特徴です。

 

最後に

この時期のものは特に歯応えもあるので、で食べるのがオススメです!ただ食べ過ぎには要注意。

秋のボディメイクにぜひ活用してみて下さいね!

 

体験キャンペーン開催中!こちらからご予約いただけます!

https://www.arms-s.com/formmail_s.html

 

official Instagram

https://www.instagram.com/studio_arm

Access

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-7
グローリア宮益坂III 北館 7F

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6427-2880

詳しくはこちら